【助成金】キャリアアップ助成金の取組は社会保険労務士にお任せください!

助成金は社会保険労務士にお任せください。相模原市の社会保険労務士、渡辺英行です。

今回は、会社にも社員にも大きなメリットのある「キャリアアップ助成金」のご紹介をいたします。

<キャリアアップ助成金(正社員化コース)とは?>

有期契約社員、パート、派遣社員など、いわゆる非正規従業員の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員化や処遇改善の取り組みを実施した企業が利用できる助成金です。

雇用されていた期間が通算して6か月以上の有期契約社員等、または有期実習型訓練を受講して修了した有期契約社員等を正社員(限定正社員・短時間正社員含む)に転換または直接雇用して、転換後6か月以上継続して雇用した場合に申請できます。

<助成額(1人あたり)>

①有期⇒正規 :中小企業570,000円 <720,000円>

有期⇒無期 :中小企業285,000円 <360,000円>

③無期⇒正規 :中小企業285,000円 <360,000円>

*大企業は減額されます。

*一定の生産性要件を満たした場合、<>内の金額に増額されます。

*転換前6か月間の賃金と転換後6か月間の賃金を比べて5%以上増額させている必要があります。また他にも要件がいくつかあります。

*派遣社員を直接雇用した場合や、母子家庭の母等または父子家庭の父、その他一定の条件を満たす者が対象の場合は増額される場合があります。

*1事業所あたり1年度20人まで。

 

これからは少子高齢化が進むなかで、働き方改革にもありますように「人材の確保・生産性アップ」はどの企業にとっても重要な課題です。

もし、

・いま働いてくれているパートを正社員にしてさらに活躍してほしいので、キャリアアップ助成金を活用してみたい!

・1年契約の社員を無期契約にして当社で活躍してほしいので、キャリアアップ助成金を活用してみたい!

という企業様はぜひ、このキャリアアップ助成金の活用をご検討ください。とはいえ、助成金の活用は「よくわからない、書類が面倒だ」という声をよく耳にしますし、実際その通りだと思います。実際に、助成金の取組には、順番や所定の条件、期限など様々な要件をクリアしなければなりません。

社会保険労務士は助成金の専門家です。助成金を取り組むにあたっての諸条件の確認、取組みの流れ、期限の管理や書類の提出代行など、最初から受給に至るまでできるだけ事業主様の負担がかからないように全面的にサポートいたします。

ご興味のある企業様は、お気軽に社会保険労務士の渡辺までお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。相模原市に限らず、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)対応いたします。

助成金はその他にも種類がたくさんありますが、弊所では「使いやすい」助成金の取組をサポートしております。ご興味のある方は、トップページの「助成金診断シート」もご覧ください。

社会保険労務士 渡辺

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です