労働者派遣事業を行う(始めたい)事業者様へ

いつも渡辺英行社労士事務所(相模原市)のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。相模原市の社労士、渡辺英行です。

弊所では、労働者派遣事業を行う会社様(またはこれから新たに始めたい方も含めて)のサポートを積極的に行っております。

 

労働者派遣事業を健全に運営していくには、

①労働者派遣事業の許認可取得および更新(初回更新は取得してから3年後、以降は5年ごと)

②労使協定の作成・締結(労使協定方式の場合)

③日々必要な帳票類(就業条件明示書、派遣先への通知書、派遣元管理台帳、マージン率等の情報提供、雇入時・派遣時等の労働条件・待遇に関する事項の説明・明示、教育訓練の実施状況、その他派遣先事業所から交付される書類など)の整備

④派遣労働者のサポート・教育訓練

など、非常に複雑かつ手間の掛かる対応が必要となります。法改正も頻繁に行われおり、対応に苦労されている方をよく目にします。

 

実際に、労働者派遣事業を行う会社様やこれから新たに始めたい方より、下記について非常に多くのご相談・お問い合わせをいただきます。いま、この記事をお読みいただいている方で、以下に当てはまる場合はお気軽にご相談ください。

□労働者派遣事業の許認可の申請を考えているが、何から手をつけていいかわからない。

□労働者派遣事業の有効期間更新が控えているが、何から手をつけていいかわからない。

□毎年労働局へ提出しなければならない書類(労働者派遣事業報告書、労働者派遣事業収支決算書、関係派遣先派遣割合報告書)が面倒だ。

□労使協定がきちんと作成できているか不安だ(労使協定方式の場合)。

□日々必要な帳票類がきちんと整理できているかよくわからない。または、何を揃えたらいいかわからない。

□就業規則が派遣の同一労働同一賃金の新ルールに対応できていない。

□労働局から調査の連絡が入った。

□顧問社労士に派遣のことを聞いても対応してくれない。

□その他、労働者派遣事業で不明なこと、など。

特に「労使協定」は重要な項目である「賃金の水準」が更新されるため、毎年作成・更新・締結しなければなりません。

 

弊所は相模原市にありますが、神奈川県だけでなく、東京都・埼玉県・千葉県・静岡県でも対応可能です。顧問の社労士がいる場合でも、許可を取っていただければサポートいたします。

労働者派遣事業だけでなく、有料職業紹介事業についても同様に対応いたします。労働者派遣事業および有料職業紹介事業を始めたい方、もしくはすでに始めているものの上記の項目などでお困りの場合は、専門家である社労士にお任せください。

お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。

***************************************************
渡辺英行社会保険労務士事務所(担当 社労士 渡辺)
〒252-0303
神奈川県 相模原市 南区相模大野 7-35-1
TEL&FAX:042-812-3741
移動オフィス:090-8892-8185
***************************************************

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です