従業員の採用活動の際はトライアル雇用を活用しましょう!

渡辺英行社会保険労務士事務所の渡辺英行です。

ハローワークの求人を見ていても、「トライアル雇用」を併用されていないケースが非常に多く見受けられます。

せっかく、ハローワークを利用しているのであれば、絶対にトライアル雇用を併用して採用活動をすべきです。

というのは、要件さえ合致すれば最大で1人につき12万円の助成金がもらえるからです。しかも、返済不要です。

確かに、このトライアル雇用を活用する場合は、計画書などの書類提出がありますので手間がかかりますが、返済が不要で12万円がもらえるのであれば、使わない手はありません!絶対に活用すべきです。もし、トライアル雇用に該当しない人からの募集があった場合は通常通りに対応していただき、ニーズにあった人材であれば助成金はもらえませんが採用すればいいだけのことです。

皆さんのところでは経費節減のために、電気をこまめに消したり、不要なカラーコピーはしなかったり、文房具をなかなか購入しなかったりと、様々な努力をされていると思いますが、これらで12万円の効果を生み出すには相当なことです。これらを考えれば、せっかく従業員を募集する機会があるときにはもっと簡単に実現できるトライアル雇用を併用して採用活動をすべきです。

助成金は雑収入で処理可能ですので、12万円の経常利益を生むための売り上げ金額が増えたこと(業績が上がったこと)と同様の効果が得られます。用途も自由です。

助成金の手続をしたことのない総務や事務担当者が助成金申請をするのは不慣れで手間も掛かるため、大変です。本来の業務にしわ寄せが行って残業代が発生してしまったりなどすれば意味がありません。

こんな時にお役に立てるのが、私たち社会保険労務士です。渡辺英行社会保険労務士事務所では当助成金の申請代行手数料を3万円にてお受けいたします。しかも12万円入金されてからいただきますので、会社にとっては何も負担がありません。

要件に該当する人材を採用するとなった際、このままだったら0円ですが、社労士に依頼しておけば実質9万円が会社に入ります。どちらがいいかはいうまでもありません。

このトライアル雇用助成金については、神奈川県相模原市、東京都町田市を中心として、周辺の神奈川県座間市、大和市、海老名市、綾瀬市、厚木市などであれば対応させていただきます。

ハローワークを活用したことのない会社様も含めて、これから従業員を募集される方、今も募集中だけど応募がこない状態の方、興味のある方、渡辺英行社会保険労務士事務所までお気軽にお問い合わせください。

トライアル雇用(厚労省資料)

 

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !